トイレの修理を少しでも安く依頼したい!【安くする情報まとめ】

トイレが突然故障し「トイレ修理を安く済ませたい」とお考えの方は多いでしょう。とはいえ、ネット広告では安い料金表示や、安心・安全を謳っている広告が目立ち、どこに頼んでも同じだと思われているかもしれません。

今回はトイレ修理を業者に依頼した際、安くする情報をまとめています。記事を読めば、トイレ修理をどこに依頼していいのかが理解でき、慌てずに対処できるでしょう。

トイレ修理を安くするにはどこに依頼すべき?

トイレつまり修理の料金相場を知るメリット

トイレ修理を依頼できる業者は専門業者以外にも、トイレメーカーや住宅メーカーもあります。それらは、トイレもしくは建物についての専門家なので、安心できる点はメリットですが、どうしても費用は高くなりがちです。

費用を安く済ませたいという観点から考えると、おすすめしたいのは以下の業者です。

地元の業者

地元の業者は、自宅から近いというのがメリットで、出張費用がかからない、もしくは安い傾向があります。また、地域密着型なので、悪いうわさが立ったら口コミで広がってしまうため、多少の値引き交渉も受け入れてくれる可能性があります。

見ず知らずの県外の業者だと、一度きりのご縁になることが多いです。そうなると、費用についての交渉がしづらいうえにアフターフォローが行き届かないこともあるでしょう

トイレ修理専門業者

トイレ専門業者も知識が豊富で的確な修理をしてくれます。余計な費用がかからず部品を持っている可能性も高いため、直ぐに対応してもらえるでしょう。

「自分で修理するのは自信がない」という場合に、トイレ修理専門業者は頼れる存在です。

水道局指定工事店を選ぶ

ネットや紙媒体の広告で「水道局工事店」という表記を見たことはありませんか。水道局指定工事店とは、各自治体で水道工事・下水道工事を行うための許可を受けた業者を指します。

各水道局の講習もきちんと受けているので、安心して任せられるでしょう。費用も平均的な料金システムになっているため、極端に高い請求はされないはずです。

トイレ修理を安くするポイント

コストダウン

トイレ修理は現地調査をしてみないと正確な料金はお伝えできない、というのが正直なところですが、安く済ませるポイントはいくつかあります。もちろん工事内容によってはやむを得ず高くなることはありますが、業者選びで下記の内容を確認してみましょう。

料金システムが明確

ホームページに、料金システムが分かりやすく表記してある業者を選ぶことが大切です。トイレ含む水回りの修理は、どうしても作業してみないと料金がわからないケースが多く、「工事費〇〇円~」と表記されていることも少なくありません。それでも、別途費用が発生する条件が書いてあれば、安心できるでしょう。

また、作業費と材料費以外に、基本料金がかかる場合も。基本料金が相場よりも高いようなら、出張費や見積もり費用が含まれる可能性があります。

近年は24時間受付対応をしている業者も増えており、深夜帯や早朝に依頼すると時間外料金はかかってしまうことの方が多いです。しかし、出張費と見積もり費用は無料になる場合もあるので、各業者のホームページを確認しましょう。

複数の業者を比較・検討する

トイレ修理の料金は各業者まちまちなので、複数の業者を比較してみるのも一つの方法です。比較することで、平均的な費用相場が見えてくることがあります。

「A社は地元の企業だから自宅から近く、出張料金がかからないかもしれない」、「B社は作業内容が詳しく表記されていて極端に高い請求はされないだろう」など、最低でも3社ほど比較してから検討してみてください。その際、キャンセル料がかからない業者を選ぶのもポイントです。

このように、複数の業者を比較・検討することで、業者選びの失敗を防げるでしょう。

実績や口コミを調べる

トイレ修理を業者に依頼するときは、実績や口コミもチェックしましょう。実績や口コミは、優良業者を見極める一つの指標になります。

修理依頼をどれくらい受けているのか、事例と共に料金が表記されていれば安心です。利用者のリアルな口コミも、非常に参考になります。実績や口コミも各業者のホームページに載っている場合が多いので、ぜひ参考にしてみましょう。

 割引制度を利用する

近年は、割引制度を行っている業者も増えています。条件をクリアすれば2,000~3,000円程度の割引が受けられる場合が多く、トイレ修理を依頼する際には非常にお得になるでしょう。

割引内容はWebで申し込み、もしくは初回限定などがあります。ただ、注意すべきはすべての業者で行っているわけではないこと。割引制度の有無もホームページでチェックしましょう。

早めに対処する

トイレに不具合が起きたら、早めに業者に修理依頼することも大事です。壊れたままトイレを使用していると状況が悪化して、余計な費用がかさんでしまう可能性があります

自分で部品を入手して修理したところ、水が止まらなくなったなどのトラブルも起きるかもしれません。「故障原因が分からない」、「修理する自信がない」という方は、早めに業者依頼することで、費用を安くできます

悪徳業者に遭わないコツ

NG

ここまで、トイレを安く済ませるポイントをお伝えしましたが、悪徳業者に遭わないことも大切です。特に、県外から来る飛び込み営業には注意しましょう。

ここでは、悪徳業者に遭わないためのコツを3つ紹介します。

相場よりも極端に安い広告

トイレ修理の料金を平均相場よりも極端に安く表記している広告には注意しましょう。実際に、ネットや紙媒体の広告では、基本料金「780円~」、「890円~」など、低料金が目立つように表記されていることも少なくありません。

このような広告は、材料費や工賃の詳細を掲載していない場合がほとんどです。見積もりをもらったら「想定外の費用が加算されていた」ということも珍しくないのです。

見積もりをせずに作業に入る

トイレ修理は急を要することも多いものです。応急処置といって見積もりをせずに作業に入ってしまう業者もいます。故障の原因や作業内容を事前に説明しないで作業されてしまうパターンです。過去には「390円~」の広告を見て依頼したら、50万円の請求をされたという事例もあります。

トイレ修理はいかなるときも見積書の提示と、作業内容の説明が必須です。

見積もりの内訳が記載なし

見積もりの内訳が記載されておらず、一式とだけ書かれているパターンも要注意です。また、項目は書いてあっても専門用語が並べてあり、一般の方には分からないようにしてある場合もあるでしょう。

項目に疑問点があったら、必ず質問することが大切です。曖昧なまま作業に入られてしまうと後悔することが少なくありません。

口頭でのやり取りもトラブルが起きやすくなるため、書面に残してもらうことも重要です。

トイレ修理依頼はどれくらい?内容別相場

トイレつまり修理業者の料金相場

トレイの修理を業者に依頼するとき、気になるのは費用相場でしょう。ましてや業者に依頼するのがはじめての場合、「高額な請求をされないだろうか」「交換した方が安い?」など不安に思うものです。

ここでは、トイレ修理はどれくらいかかるのか、内容別の相場を「基本料金」「作業費用」に分けて解説します。

事前に相場を把握しておけば、業者に料金を提示されたときに焦らずに済みますよ

基本料金の相場は0円~5,000円

トイレ修理を業者に依頼する場合、基本料金がかかる場合があります。もちろん部品代金と作業費用といったシンプルな料金体系になっていることもあります。

しかし、業者によっては以下の料金がかかる場合もあるので、注意しましょう。

  • 出張費用
  • 早朝・深夜費用
  • 見積もり費用

出張費用に関しては、メーカー依頼した場合は3,000円~5,000円かかるのがほとんどです。「自分で直せた」、「修理する必要なかった」という場合でも、点検費用などという名目で費用が発生することがほとんどです。

早朝・深夜料金や見積もり費用が発生するかは、依頼する業者によってまちまち。いずれにせよ、修理費用を安くするなら、上記費用を事前に確認するのがベターです。

作業費の相場は6,000円~120,000円と幅広い

作業費の相場を内容別に下記にまとめました。費用は、作業量や部品の価格によってピンキリです。よくある修理内容は次のような内容になります。

  • トイレつまり
  • 少量の水漏れ
  • 水が止まらない
  • 温水洗浄便座の故障

上記4つのトイレ修理が非常に多くなっています。

ここでは、よくある修理内容をもとに相場をお伝えしますので、参考にしてみてください。

修理内容 作業費(工賃+材料費)
トイレつまり(トイレットペーパーの場合) 5,000円~7,000円 高圧洗浄を使用すると15,000円以上
トイレつまり(おもちゃや携帯などの固形物の場合) 40,000円~50,000円
トイレの水漏れ(部品交換のみ) 8,000円~18,000円
トイレの水が止まらない(部品交換のみ) 6,000円~18,000円
温水洗浄便座交換 70,000円~110,000円
タンク交換 100,000円~120,000円

※費用相場はあくまでも目安としてご覧ください。

このように、トイレ修理は内容によって金額に大きな差が出ます。また、トイレつまりはラバーカップ(トイレのつまりを直す器具)で解消できる場合は費用が5,000円~7,000円で済みますが、高圧洗浄を使用する大がかりな作業が加わると、15,000円以上します。

また、パッキンやボールタップ(タンクに入っている浮き球)などの交換も20,000円以内で収まるでしょう。しかし、温水洗浄暖房やタンクを交換する際は製品のグレードにもよりますが、やや負担が大きくなるといえます。

業者へ修理依頼する前に相談を

よく金額を確認せずに依頼してしまう人がいます。トイレ修理を業者に依頼する際は、急を要することも多いため、焦ってしまうことが原因なのでしょう。

しかしほとんどの業者は、ネットや電話で概算見積もりを伝えてくれます。もしも原因が直ぐに特定できなかった場合でも、想定できる金額くらいは教えてくれるはずです。

トラブルを避けるためには、業者に修理依頼する前に「気軽な相談」からしてみるのも良いでしょう。

トイレ修理を安くするには

今回は、トイレ修理の依頼を安く済ませるための情報をまとめました。

トイレ修理は、実際に作業してみないと正確な料金をお伝えできないのが正直なところです。とはいえ、業者によって料金システムは異なり、安く抑えるポイントがいくつかあります。

ただ一番大事なのは、状況を悪化させないことと、少しでも対処に困ったら業者に速やかに連絡することです。

もしも、修理費用は安く済ませたいけど複数の業者から見積書を取るのは面倒、時間がないという方はマルキンクリーンにご相談ください。

マルキンクリーンでは、トイレのつまりや水漏れなどのトラブルの相談を受け付けております。最短で30分で駆けつけ、見積りや出張料金はかかりません。トイレ修理でお困りの方は、お早めにお問い合わせください。

    お名前(名字だけでOK)必須
    電話番号 必須

    ならWEB限定3,000割引中!

    宮城
    福島
    電話1本・最短30分で
    すぐに駆けつけます!

    0120-365-891

    • 24時間365日対応!
    • 出張・お見積もり無料!

    WEB限定3,000割引中!

    とにかくお急ぎの方は
    こちらから

    -24時間365日いつでも受付-
    電話で相談
    0120-365-891

    24時間365日対応!出張・お見積もり無料! 

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891