トイレつまりで業者を選ぶコツ5つ!業者を呼ぶ前にやることは?

トイレつまりが起きたとき、修理の緊急度やトイレつまりの原因によって業者を呼ぶ必要も出てきます。

良質な業者を呼ぶにはどんな選び方があるのか、いざトイレつまりに直面すると悩んでしまう方も少なくありません。

そんなお悩みを解決するために、今回の記事はトイレつまりで業者の選び方のコツと業者を呼ぶ前にやることをご紹介しています。また、業者の料金相場や安く抑えるポイントをまとめました。

優良業者を選んで、トイレつまりの素早い解決を目指しましょう。

修理業者を呼ぶ前にやっておくこと

チェックリスト

トイレつまりが起きたとき、水道修理業者を呼ばなくては解決できないものもあります。

生活に欠かせないトイレだけに、トイレつまりが発生するできるだけ早く解消させたいものです。まず、修理業者を呼ぶ前に5つのやるべきことを済ませておきましょう。

止水栓を閉める

トイレつまりが起きたら、まずは止水栓を閉めます。業者を呼ぶ前に止水栓を閉めておけば、水漏れの恐れがなくなるので業者を焦ることなく探せます。

止水栓を閉める際に以下のものを準備してください。

  • マイナスドライバー
  • シート
  • バケツや雑巾
  • ゴム手袋

止水栓を閉める手順は、以下の通りです。

  1. 床か壁の給水管接続口付近にある止水栓を確認する
  2. ハンドルタイプ以外の止水栓ならマイナスドライバーで右方向に動かなくなるまで回す
  3. 止水栓が固い場合には、水栓ドライバーを使う
  4. 何回まわしたかを覚えておく(修理後に元の位置に戻すときのため)
  5. 水を排水する

温水洗浄便座用の止水栓があるので、間違わないようにしましょう。

止水栓が固くて閉まらない場合には、家全体の水道元栓を閉めます。戸建なら家の敷地内に、集合住宅なら玄関脇のメーターボックスにあるので元栓を閉めておきましょう。

たまった水や浮遊物を取る

止水栓を閉めた後、たまった水や浮遊物があるときにはそれらを取り除いておきましょう。ゴム手袋をして割りばしで浮遊物を取りのぞいておくと、業者が作業しやすくなります。

もし、トイレつまりで水があふれてしまいそうなときには、ペットボトルをカットしたものなどで水をバケツに汲みだしましょう。

業者を呼ぶ前に大まかにでもこれらを済ませておくと、修理がしやすくなります。

作業しやすいように片付ける

トイレ内にある掃除用具や買い置きトイレットペーパー、サニタリーボックスなどは作業しやすいよう片付けておきましょう。狭いスペースに雑多なトイレ用品があると、支障をきたす場合が多いためです。

トイレつまり解消のための作業は、便器やトイレタンクの裏の狭い環境で行われます。その際のスペースを確保しておくと、修理の際に少しでも作業がしやすくなります。

賃貸なら管理会社に連絡する

一戸建てのお住まいなら自らトイレつまりの修理を業者に相談しますが、賃貸物件の場合にはまず管理会社にトイレつまりの連絡を入れましょう。

  • 賃貸物件では入居者が直接業者に修理依頼するとは限らない
  • トイレつまりの原因が入居者か管理者にあるのかで支払いが決まる
  • 入居時の火災保険が適用できる場合もある

どう対応すべきかが分からないことも多いため、まずは管理会社への問い合わせをしてみてください。管理会社によりますが、トイレつまりの修理費の負担は多少なりともあるケースが多いです。

水道修理業者の検討する

水道修理業者の検討は、慎重に行う必要があります。

なぜ業者の絞り込みが必要なのかと言えば、トイレ修理に関する高額請求、いわゆるぼったくり被害も数多く発生しているためです。

  • 安い費用で宣伝し高額な追加請求を迫る
  • 不要なトイレ修理工事を勝手にされる
  • 見積もりを出さずに修理をしてから請求する

近年では、マグネットシートやチラシなど身近に水道修理業者の情報も目にする機会も多くなりました。

  • マグネットシート記載の業者にすぐ依頼
  • チラシの安さで安易に業者依頼
  • ネット広告の破格な料金だけを見て業者依頼

こういった依頼方法は危険です。たしかに、トイレつまりで焦っているときは、早く業者を呼びたいと思うものです。しかし、修理の料金相場や業者の実態を知らないと、ぼったくられてしまうこともあります。

トイレのトラブルが起きたときは、優良業者の選定が重要だと理解しておきましょう。

トイレつまりで業者を依頼した際の料金相場

電卓と現金

トイレつまりで業者を依頼するとき、悪質な業者の被害に遭うのは料金相場を知らないために起こるケースが多いです。

どの程度かかるのかをあらかじめ知っておけば、業者を絞り込む際の判断基準になります。

いざというとき悪質な業者に依頼しないためにも、修理料金の構成とトイレつまりの料金相場をご紹介しますので、参考にしてみてください。

修理料金の構成

一般的に、トイレの修理料金は以下のような内訳となっています。

  • 料金=基本料金+作業料+部品代

業者によっては、夜間の割増料金や出張費を加算するケースも出てきます。遠方からの出張になると高速代を含んだ料金が加算されることも。

基本料金 0~4,000円
出張費 0~5,000円
夜間割増料金 0~8,000円

トイレつまり修理の料金相場

トイレつまりの料金は、つまりの原因と症状によって変動します。

軽度(ラバーカップなど) 4,000~8,000円
ローポンプ使用 7,000~15,000円
高圧洗浄機使用 8,000~30,000円
洋式トイレ脱着 30,000~50,000円

ラバーカップや薬剤で解消できるトイレつまりなら、数千円です。さらに、トイレつまりが排水管で起きていると症状が悪化していると使用する機材によって上記のように上がってきます。

洋式トイレ着脱の必要があると30,000~50,000円ほどが相場です。トラブルが悪化するほど費用が高額になってしまうため、早めの依頼を心がけましょう。

トイレつまりの修理料金・相場

ご参考までに、マルキンクリーンの料金相場も確認してみてください。使用する部品や機材で料金が変動することもあります。

トイレつまりや水漏れなどのトラブル修理で業者を決める際は、見積もりをとり、相場からかけ離れていないかを確認してからにしましょう。

トイレつまり修理で良質な業者を選ぶコツ5つ

トイレ修理業者

トイレつまりの修理を業者に依頼するとき、どこが良いのか分かりづらいものです。

実は、良質な業者の選び方にはコツが5つあります。業者選びの際に、コツを意識しておくと比較しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

迅速な対応ができるか

トイレつまりが起きたときは、まず、迅速な対応ができる業者を探していきましょう。24時間対応年中無休の業者も少なくありません。最短30分程度で駆けつけてくれる業者もあります。

早く解決したいときに、直ちに駆けつけてくれるのは何より心強いものです。24時間対応の業者は、スタッフが待機状態になっているので最速で出張できます。夜間にトイレつまり修理を直してもらいたいときにもおすすめです。

トイレは、日中の数時間使えないだけでも困るもの。スピーディーな修理ができれば、トイレが使えない時間は極力短くできます。

できるだけ早い対応の業者がおすすめなのは、トイレつまりの悪化によって費用が高くなるのを避けるためという意味合いもあります。

見積もり・出張費が無料か

次に、見積もりや出張費が無料の業者を見つけましょう。トイレつまりを解消したくて、慌てて業者に見積もりを依頼したら、出張費だけでなく見積もり費用まで後から請求されたという事例もあるくらいです。

業者の公式サイトで、見積もりや出張費が無料と記載しているかを調べましょう。その際、「〇〇〇〇円以上のときのみ無料」といった条件がないかも念のため確認してください。

見積もりや出張費が無料なら、安心して見積もりを取ることも可能です。

出張費は、対応エリア内でも距離の違いから一部地域を有料と設定している業者もあるので、注意深く見ておきましょう。

対応エリア・対応メーカーか

業者を選ぶとき、対応エリアになっているかどうかも重要です。対応エリア外でも相談によってトイレつまりの修理ができる業者も確かに存在しています。しかし、遠距離からの出張だと出張費がかかる可能性も高いです。

始めから、お住まいの地域を対応エリアとしている業者を選ぶのがおすすめです。

また、対応メーカーの多い業者を選んだ方が賢明だと言えます。それだけ各メーカーのトイレ修理に対応できる技術を保有しており、メーカーの部品も揃いやすいからです。

部品の調達に時間がかかってしまうと、その分トイレが使えない不自由な暮らしも長引いてしまいます。その間に、トイレつまりがより深刻になってしまう可能性もあるでしょう。

原因や修理の説明が分かりやすいか

トイレつまりで修理を依頼すると、業者は症状や原因を特定する作業から始めるのが普通です。原因によりトイレつまりの程度を判断し、見積もりを提示します。

見積もりで確認するのは、料金の安さだけではありません。

  • どのような修理が必要なのか?
  • どのような機材を使うのか?

トイレつまりが起こった原因、それに対する修理のやり方の説明がきちんとされるかも大事です。もしあやふやな説明しかしない業者だと、修理後に追加請求をする可能性もあります。

見積もりが口頭のみ、見積もりは作業開始後しか分からない、といった業者には始めから依頼をしないでください。

豊富な実績があるか

トイレつまりや水漏れの修理を数多く経験している業者なら、あらゆる事例に対応できる技術があると判断できます。そのため、業者の実績もよく確認しておきましょう。

  • 「地域で№1の安さ」
  • 「実績が豊富」

業者を探しているとき、このような宣伝を見かける機会も多いでしょう。しかし、料金や実績数は実際他社と比較してみなければ確かな情報かどうかは分かりません。

もし、実績が少ない業者の場合には、技術が乏しかったり顧客の満足度が低かったりする可能性もあるでしょう。

実績が多数ある業者は、公式サイトに修理事例や対応件数を詳しく紹介しています。また、実績の豊富さを証明する口コミにも目を光らせてチェックするのがおすすめです。

トイレつまり修理費用を安くするポイント

コストダウン

トイレつまりを業者に修理してもらうとき、誰しも費用を安く抑えたいものです。費用を安くするポイントを知っておくと役立ちます。

費用を抑えるポイントを4つご紹介しましょう。

2〜3社で見積もりを取る

トイレつまりで業者を絞り込む際に、見積もりは2〜3社で取りましょう。見積もりが無料の業者を選べば、複数社を比較しても費用はかかりません。

見積もりを複数取ることで、費用の安さや内訳の分かりやすさの比較が簡単になります。また、業者の説明が明瞭で丁寧かといった点も、見積もりの過程で判断しやすいです。

見積もりを取る段階で、スタッフのマナーや技術を推しはかることもできます。

また、見積もりを依頼しているとき「他の業者にも見積もりを取っている」と伝えると値引きしてもらえる可能性もあるのでメリットになります。

キャンペーンを利用する

水道修理業者の中には、お得なキャンペーンを行っているところもあります。

  • 「ホームページを見た」と伝えるだけで割引
  • 初回限定で割引
  • 2回目の依頼で割引

条件に合っているキャンペーンがあれば、ぜひ相談してみましょう。2,000~3,000円程度割り引いてもらえる場合もあるので、キャンペーンのある業者を見つけると大変お得です。

ご参考までに、マルキンクリーンではWEB限定割引(2,000円)を行っています。公式サイトの動画をご覧になるとさらに1,000円割引とお得に。

水のトラブルやキャンペーンについては、電話やメール、LINEでお気軽にお問い合わせください。

割増料金をかけない

トイレつまりの修理を依頼する際、割増料金がかかるケースがあります。出張費や深夜・早朝料金が加算されると、数千円アップすることも少なくありません。

  • 出張料金 0~5,000円
  • 深夜・早朝料金 0〜8,000円

また、お住まいの地域が対応エリアとなっていても、出張費がかかる場合もあります。

トイレつまりで業者を選ぶには、出張費や夜間料金が無料の業者を選んでおけば、加算される心配もありません。

ただし、注意しておきたいのはキャンセル料の有無です。キャンセル期限を過ぎるとキャンセル料が発生する業者もあります。

業者を絞り込む際には、キャンセル料の有無も確かめておくのが賢明でしょう。

早めの依頼をする

トイレつまり修理の費用を抑えるために欠かせないのが、業者への早めの依頼です。

トイレつまりや水漏れなどのトラブルは、長引けば長引くほど症状が悪化します。たとえば、ご自身ですっぽんを使っても上手く改善できなかった場合には、すぐ業者に相談しましょう。

悪化するにつれて、修理の難易度も上がるので費用が一気に高くなる可能性もあるためです。

  • トイレつまりの修理に時間がかかる
  • 使う機材が高性能なものになる
  • 高い技術が必要になる

お金がかかるから……と悩むよりも、業者を早めに呼んでしまった方が結果的に費用を抑えられることが多いでしょう。

トイレつまり修理を信頼ある業者に依頼するなら

トイレつまりをご自身で直そうとしてもうまくいかなかったときは、なるべく早く業者を呼んだ方が安く上がることが多いのでおすすめです。

水道修理業者なら、原因を特定し確実な修理ができます。

業者を呼ぶ前の準備は済んだのに、肝心な業者選びを決めかねている方もいらっしゃるでしょう。

マルキンクリーンでは24時間対応年中無休でトイレつまりの修理を受け付けております。経験豊富なスタッフが、最短30分で駆けつけ丁寧な対応をいたします。

もちろん、作業前に分かりやすい見積もりを提示し、納得いただいてからの作業開始なので安心です。

トイレつまりで業者を呼ぶのが初めての方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

    お名前(名字だけでOK)必須
    電話番号 必須

    ならWEB限定3,000割引中!

    宮城
    福島
    電話1本・最短30分で
    すぐに駆けつけます!

    0120-365-891

    • 24時間365日対応!
    • 出張・お見積もり無料!

    WEB限定3,000割引中!

    とにかくお急ぎの方は
    こちらから

    -24時間365日いつでも受付-
    電話で相談
    0120-365-891

    24時間365日対応!出張・お見積もり無料! 

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891

    ならWEB限定3,000割引中!

    0120-365-891